旧ブログ記事

Mac OS X MarvericksのVirtualBoxで作った仮想マシンにCentOS7をインストールしてみる

投稿日:2014年8月12日 更新日:

CentOS7を入手するのだ!

さてさて、VirtualBoxの準備も整ったことですし〜、CentOS7をインストールしてみましょうかねぇ。……ってことで、最初にISOをダウンロードしましょう。ダウンロードは下記から行えますよ。

ページにアクセスしたら、「DVD ISO」をクリック。

ミラーの一覧が出てくるので、お好きなリンクをクリック。

適当な場所に保存。ダウンロードが始まりますね。約3.9GBなのでそれなりに時間がかかります。ボクの環境だと20分ちょっとぐらいかかりましたね。時間帯や環境によってはもっとかかるかもしれないのでご注意を。

あれ?ISOってどうやって読み込ませるんだ……?

ダウンロードが終わったら早速インストール……なんだけども、落としたISOをどうやって読み込ませるのかなと一瞬固まる。

分かれば簡単な話で、VirtualBoxの「設定」をクリック。

「ストレージ」のところにあるCD/DVDデバイスの「空」ってなっているところを選択。すると右ペインに情報が表示されるので、CDっぽいアイコンをクリック。

サブメニューが出てくるので「仮想CD/DVDディスクファイルの選択」をクリック。

ダウンロードしたISOを選択し、「オープン」をクリック。

で、「OK」をクリック。これでOK。

インストールするZE☆

準備が整ったのでVMを起動しませう。と、ふと思う。OSをインストールするってすげぇ久々だな、と。普段インストール済みの環境をいぢることばっかりだったしなぁ……。

「起動」をクリック。

コンソールのウィンドウが開いていろいろ表示されます。下記の画面になるまでちょっとだけ時間がかかるにょ。たまにVirtualBoxからのメッセージが出てくるので、下記赤枠部のアイコンクリックで閉じます。

コンソールに制御を移したいときは、コンソールのウィンドウをクリック。下記のような警告が出てくるので、「Do not show this message again」にチェックを付け、「Capture」をクリック。

ひとつ前と下記の画像の画面になったらエンターキーをっターン!します。

ってことで、ちょっとするとインストーラの最初の画面になりましたよっと。まずは言語の選択から。

左側のリストに「日本語」ってのがあるのでそれを選択。右側のリストも「日本語(日本)」が選択されているはずなので、「続行」をクリック。

おっと、これは見たことない画面構成だ。こうなってるのか。良いね。とりあえず黄色いアイコンの所を何とかしないと先に進めないらしいので、「インストール先」をクリックしてみる。

するとこんな感じに。特に問題なさそうな状態なので、「完了」をクリック。

元の画面に戻るとアイコンが消えてる。コレで先に進む(*1)……のではなくて、その隣の「ネットワークとホスト名」のところをよく読む。「接続していません」と書いてある。困る。とりあえず「ネットワークとホスト名」のところをクリック。

あ、オフになってるね。ってことで、赤枠部をクリック。

「オン」になったこととIPアドレス等の情報が表示されていることを確認して、「完了」をクリック。

最後に一通り確認して大丈夫そうなので「インストールの開始」をクリック。

インストールプロセスがスタートする。するとまたもや例のアイコンが。Rootのパスワード設定やユーザの作成はこのタイミングでやるのか。時間が無駄にならなくて良いね。……ってことで、「Rootパスワード」をクリック。

ご希望のパスワードを入力して「完了」をクリック。

お、アイコンが消えた。今回はお試しなのでしませんよ。ひたすら終わるのを待ちます。

終わった!これだけでいいんだ!「再起動」をクリック。

再起動が終わると黒い画面が!キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

rootでログインしてとりあえずIPアドレスとかみてみる。これで最小環境はできた(*2)っぽい。やったね!

*1:一旦見落として先に進んで、インストール終了後にネットに繋がらなくて泣きそうになったのは内緒の話
*2:いや、この後にやらなきゃいけないことが沢山あるんだけどね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta Hayakawa

ハムスターLOVEな自称PHP&GNU/Linux系エンジニア。 趣味で「自己満足系自作曲」を作っています。余裕のあるときならコラボ等歓迎(ただしボクは低レベル)。 各オンラインストアで自作曲販売中。SoundCloudでもお聞きいただけます!

-旧ブログ記事
-, , , ,

Copyright© 美徳という名の背徳 , 2018 All Rights Reserved.