旧ブログ記事

Code ClimateでGitHubのPHPなレポジトリが使える……!?

投稿日:2014年5月27日 更新日:

えっと……よくわからない(´・ω・`)

皆さんすでにご存じの通り、Code ClimateってRuby on RailsとかJavaScript向けのソースコードの解析サービスがありますよね。ボクはこないだの第78回 PHP学習会@東京@hirakuさんのLTを見るまで知らなかったんですが(*1)。

さて、現在PHPはサポート外だそうなんですが、近いうちに使えるようになるよ……って感じらしいんですね。

まあ、そういうの気になるお年頃なのでちょっとチェックしてみたわけなんですよ。ええ。よく分からないながらなんですが。

Early AccessをGetする方法……?

とりあえず、なんかEarly Accessをゲットする方法があるらしいので試してみましたよ。

まずCode ClimateのTopにアクセスして、ページ中央のあたりにあるPHPのアイコンをクリック。

下記のようなフォームが出てくるので、メールアドレス入力して「Get Early Access」のボタンをクリック。

するとこんな画面が表示されるわけで。

しばらく待つと入力したメールアドレス宛にConfirmなメールが届いてるはず。メール中の「Yes, subscribe me to this list.」のリンクをクリック。

こんな画面になればOK。なんかPreferenceをManageできるらしいのでクリックしてみる。

……と、下記のようにメールでも通知が来てましたね。

えっと話を「PreferenceをManage」に戻して。こんな感じでメールアドレスと氏名を入力できる程度っぽいっすね。まあサクッと入力して、「Update Profile」ですよ。

こんな感じになればOKっぽい。「Return to our website」で戻りませう。

え!?Early Accessってそういうことなの!?

先に断っておきますが、これ以降は余談というかなんというか……。「分からないなりにいろいろ見ていたらなんかできちゃったんだけどこれどうしたらいいの?」状態の記録って感じなので、当てにしないでくれというか自分の責任でやってくれというか、まあそういう感じの内容です。

結論からいえば、現時点でGitHubのPHPなレポジトリが登録できて、コードも解析してくれちゃってるよ……って内容になります。

で、Topに戻って「どんなプランがあるのかなー」なんてみようと思った訳ですよ。

「へぇ〜」(*2)って感じで見てたら、OSSなプロジェクトについてのリンクが。当然ポチッと押すわけですよ。どんな感じなのかな〜くらいのノリでね。

まあ、登録フォームがでてくるわけで。Languageには「Ruby」と「JavaScript」と「PHP」……。え?「PHP」?

ん?「Early Access」ってそういうことなの?……「COMMING SOON」って書いてあったから違う気がするんだけど、これそのまま必要事項を記入して進んだらどうなるのかな〜って試してみたんですよ。

あっ……登録できるんですね。へぇ……。普通にコードの解析もしてくれるんですね。へぇ……。それより「うそっ!?プロジェクトのスコア低すぎ!?」って感じなんですが、実際のところどうなんでしょうか。

とりあえずアカウントは作っていたので、ログインしてみようかなーと。このレポジトリ、ダメ元というかテストで追加してみただけなので管理画面からなんかできるのかなーって思いましてね。

まあ、ログインフォームが出てくるんでGitHubのアレでログインしてみたんですが。

あ、普通に使えちゃうんですね……ってことで。なんかGitHubのIssueへのリンクとかもできるらしいので試してみようかなってことで。

こんな感じで画面遷移していって……。

ここにたどり着いたわけですが、えっとOAuthなTokenをRequireされてるっぽいんだけど、コレどこでゲットできるんだっけ?と思ったので(*3)……

GitHubのプロジェクトページにアクセスして設定を確認してみることにしたわけでして。

「Webhooks & Services」の中かな〜なんて思って……

探してみたらCode Climateがいましたね。

で見てみたらこっちでもToken必要なのかよ!で、「Install Notes」に書いてある内容を読んだわけですが……。

TokenをゲットできるCode Climateのtop-rightにあるgeer iconってどこにあるんでしょうか?ボクの目が節穴じゃなければ見当たらないんですが。。。

まあ、これは見なかったことにしてアカウントの設定の方もチェックしてみることに。

アカウント設定の「Application」あたりが怪しいかなと思ってみてみたら……

あ、なんかTokenの文字がある。ってことで「Personal access tokens」のところで「Generate new token」をポチッとな。

なんやかんやでいろいろ設定できるっぽいけど、とりあえずデフォルトで。「Generate token」をポチッと。

出てきたTokenをコピって……

Code Climateの方にペースト。他の必要な事項を入力してSave。

テストができるらしいので、テストしてみる。

あ、ちゃんと追加された。

ん〜、まあ使えるんならよしとするか……。って感じで今に至るわけで。

なんか所々勘違いしているというか分かってない気がするので、通りすがりのエンジニアの皆さんからの突っ込みを期待しておこうかなと。

*1:そしてLTの内容的にはScrutinizer CIがメインテーマだったわけですが
*2:某雑学的知識の泉は関係ないです
*3:最後に気づいたのですが、グレーの文字でちゃんと「A personal OAuth token with permissions for the repo」って書いてありましたねorz

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta Hayakawa

ハムスターLOVEな自称PHP&GNU/Linux系エンジニア。 趣味で「自己満足系自作曲」を作っています。余裕のあるときならコラボ等歓迎(ただしボクは低レベル)。 各オンラインストアで自作曲販売中。SoundCloudでもお聞きいただけます!

-旧ブログ記事
-, , , ,

Copyright© 美徳という名の背徳 , 2018 All Rights Reserved.