旧ブログ記事

Sony ReaderStoreで電子書籍を買ってみた

投稿日:2014年2月14日 更新日:

せっかく貰ったので何か買ってみようかなと

「読みまくれ! ITmedia Book Club冬の感謝キャンペーン」に応募してた。当たってた。」ってエントリでも書いたとおり、キャンペーンに応募してSony ReaderStoreで使える電子図書券(*1)を貰った。

使用期限もある事だし、せっかく貰ったので何か買ってみようかと思ったのです。

専用端末以外でも読めるのよねん

元々、Sonyが出している電子書籍端末「Reader」向けのストアなわけですが、大抵の電子書籍ストアと同様に、専用端末以外の様々なプラットホーム向けにアプリが提供されています。Android/iOSの他に、PCなんかでも読めるから気軽に買えるのはいいですね。(*2)

何を買ったかというと……

んでもって、何を買ったかと申しますと……。基本的にはマンガです(キリッ 具体的には「艦これ」関連の本ですね。

いや、小説とか読めよ……って話なんですが。マンガ好きなんですけど闇雲に買うと本棚がいくらあっても足りないし。なにより妻に見つかると怒られ(ry(*3)

そういう人には電子書籍ってスゴイ便利ですよね。

さて、具体的に当たった電子図書券も使って購入したラインナップですが……

といった感じ。なんで数ある艦これ関連コミックスの中でこれをチョイスしたかというと、ReaderStoreで売ってたのがこれだった(*4)からってだけです。

Android向けのアプリはどんな感じ?

購入後、Androidでダウンロードして読んでみました。

購入はPCから行ってみたのですが、ちょっと重いですね。もうちょっとサクサク感が欲しい。あと、電子図書券の登録が会計時にしかできないってのはちょっと……。事前にアカウントに追加する……っていう普通と思われるオペレーションができないのでストレスが溜まりました。あと決済が同時に2種類までしか使えないので、「電子図書券+ソニーポイント+クレカ」というのができないのが非常に残念。ストアはもうちょっと改善して欲しいなぁというのが個人的な感想。

ダウンロード自体は結構サクサクだなという印象。ダウンロードスタートして、1〜2分程度でダウンロード終了。アプリからダウンロードした書籍を開くのも比較的サクサク。メニュー構成もシンプルで個人的には好感触。

肝心の書籍閲覧も非常にスムーズ。左右のスワイプでページ移動、ダブルタップで最大200%まで拡大……という直感的なオペレーションで読めるのでストレスもなし。思ったよりサクサク読める。

ただ、吹き出しの中の小さい文字が拡大しても読みにくかったりするのは残念。まあ、これはマンガだったらしょうがない部分だと思うし、小説とかだったら気にならない(*5)と思うんだけども。

電子書籍で気になるのは「いつ読めなくなるの?」ってことだよね

電子書籍といえば、ストアがサービス終了して読めなくなりました(><)……って話を良く聞くよね。「読めなくなる」まで行かなくても、再ダウンロードできないから端末買い換えたらおしまいじゃん!……とか。

このSony Readerもそういった話とは無縁ではなくて、北米市場から撤退することが決まった……なんてニュースがあったり。……あ、誤解のないように書いておくけど、今のところ日本では撤退するというニュースは聞いたことがないです。

そういう観点で見ると、Reader Storeに関しては仮になくなってもゼロにはならないという安心感はあるかなと個人的には思います。先の記事で北米市場では「Koboに移行」という形になるようですし、最悪でもソニーポイント的なもので還元されるんじゃないかなという期待感もありますし。

というわけで、電子書籍に手を出すときは、そういった心配がない/少ないところを選ぶ必要があるわけで。なかなか難しいものです。

*1:お金の代わりに書籍の購入で使えるポイント
*2:ちなみにボクはAndroid端末で読んでます(Xperia Zなので)
*3:インターネットに公開している時点で妻もこのブログ読めるってのは内緒
*4:もしかしたら他にも売ってるのかもしれないけど見つけられなかったの(´・ω・`)
*5:元々そんな小さい字で書かれてはいないだろうから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta Hayakawa

ハムスターLOVEな自称PHP&GNU/Linux系エンジニア。 趣味で「自己満足系自作曲」を作っています。余裕のあるときならコラボ等歓迎(ただしボクは低レベル)。 各オンラインストアで自作曲販売中。SoundCloudでもお聞きいただけます!

-旧ブログ記事
-, , ,

Copyright© 美徳という名の背徳 , 2018 All Rights Reserved.