2014年7月29日火曜日

第80回 PHP勉強会( #phpstudy )に参加してきましたよ

おうちに帰ってブログを書くまでが勉強会です


というわけで、今回もPHP勉強会に参加してきましたよ。今回で3回目ですね。今回の参加費(*1)は1,000円ということで、相変わらずリーズナブルですね。感謝しましょう。


今回の自己紹介のお題は「この夏の目標」。ということだったわけですが、ボク、それについて喋るの忘れてた気がする……。

過去のボク的まとめについては「PHP+勉強会」でこのブログを検索!

記録と記憶に残っているセッション&LT


今回はですね。いつにもまして非常に濃い内容でしたね。ボクは学がないのでついて行けない部分もありましたが、とりあえず参加して正解だと思いました。分からないことはキーワードだけ控えておいて後で調べれば良いからね♪

セッションその1


最初のセッションは、「Laravel開発カフェ〜Railsアプリ『かんばんりすと』の移植」。

2011年に生まれたモダンなPHPフレームワーク「Laravel」の紹介と、一日中ペアプロでLaravelな何かを開発してOSSでリリースするという「Laravel開発カフェ」&そこで開発/移植された「かんばんりすと」についての紹介という内容。


Laravel、ボク知らなかったんですが、結構知ってるよ&使ってるよって人が多くいましたね。公式サイト( http://laravel.com/ )日本語サイト( http://laravel.jp/ )あたりを押さえて置くとよさげかな。あと、2014年8月1日スタートのlaravel.tokyoも要チェック。

「かんばんりすと」は元々Ruby on Railsなプロダクト( http://kanban-list.herokuapp.com/ )。これをRoRとか知らねぇけどPHPに移植したよってお話( http://kanbanlist-dev.straight-spirits.com/ )。涙と酒なしでは語れない多くの苦労(*2)はあったけど、いろいろ得るものはあったZE☆……って感じかな。

セッションその2


続いてのセッションは「セッション管理にDynamoDBを使う」という内容。


一口に「セッション管理」といってもいろいろな方法があるよね〜、と。その中でもAWSなNoSQLであるAmazon DynamoDBが結構いい感じですよというのが主旨かな。スループット保障されてるし、落ちたら「Amazonが悪い!」って言えるし。あと、Dynamic DynamoDBってのを使うとオートスケールするから覚えておけ!

セッションハンドラが用意されているから、PHPから使うのも結構お手軽っぽいのがいいっすね。スパイクアクセスに弱いから先のDynamic DynamoDBを使わないなら気を付けないといけないっぽい。

あと、ハンズで1年に1度のバーゲンやるからそれにも注目だ!(*3)


LT枠はいつにも増して濃い!


今回のLT枠、すげぇコアで濃い内容が盛りだくさんでしたね。大変残念なことについて行けない内容がいくつかあったので、メモっておいたキーワードでググって調べてみようと思いますよ。

LTその1


最初のLTは「スクレイピングその後」。「その後」とついていることから分かるとおり、前回のPHP勉強会でやってたLTの続きネタですね(*4)。個人的に使う機会はなさそうだけど興味深いと思っていた分野なので、今回もその手の話が聞けて良かったなと。


前回のLT後に寄せられた「こんなライブラリがありまっせ!」ネタについてまとめてみました……ってのが主旨かな。いろいろあるけど「Goutte」ってライブラリがいいかんじとのこと。Composerで簡単インストール、アレなHTMLでもそこそこいい感じにアレしてくれる、CSS/Xpath両セレクタ使える……ということで、とりあえず話聞いてても「あー、Goutte一択だな」って感想。

LTその2


続いてのLTは「laravel.jp」と「Laravel Meetup Tokyo Vol.5」の告知。セッション枠でも出てきたけど、Laravelアツいのか!そうなのか!


laravel.jpていうLaravelの日本語サイトがありますよというご紹介。このサイト、下の方に日本独自規格としてLaravel界隈の人たちからゲットした「御言葉」を表示しているとか。……うん、なんかそれっぽい!はてブされている数もいい感じに伸びているとか。

あと「Laravel Meetup Tokyo Vol.5」というイベントが2014/07/29に開催されるとか。現時点でキャンセル待ち10人と大盛況な様子なので、参加するのは難しいかな。また次回以降興味があったら参加してみるのも良いかもしれないね。あと、Yii Frameworkってのもあるんだね。ちょっと興味持った。

LTその3


続いてのLTは「PHPとPHPNGとHHVMの速度比較」。


PHPとPHP-NG、HHVMで速度がめちゃくちゃ違いまっせ!ってことがはっきりと分かったLT。正直、衝撃がパナイ。簡単に内容をまとめると「マンデルブロ集合」を描画するプログラムを各環境で走らせてみると違いがはっきり分かるよ!って感じかな。

使った実装はhttp://rosettacode.org/wiki/Mandelbrot_set#PHP」にあるようなので、環境つくって実際に試してみるといいとおもう。マジ衝撃がパナイから。

ディスクやネットワークに影響しない計算量が多いコードだとかなり恩恵がありそうってのはよく分かった。なにこれすごい。

LTその4


続いては「PHP におけるニューラルネットワークの利用」。Cf.) ニューラルネットワーク


ちょっと前提知識がないので何となくのイメージなんだけど、照合用のデータベース(教師データ)を最初に作って入力されたデータが教師データとどれだけ近いかを数値化して判定する仕組み……的なものだとざっくりと理解。

で、FANN (Fast Artificial Neural Network)っていう奴がPHPからつかえるから、それを使って画像中の数字がなんなのか推定/特定使用としてみましたよ(*5)……って話かな?間違ってそうだけど。もうちょっと前提知識を頭につっこんでからもう一度見たいLTでしたね。

LTその5


最後のLTは「本当のオブジェクト指向は可読性を上げる」。パッションに溢れるLTでした。


「オブジェクト指向とは」についてはあちこちで繰り返しでてくる話なんだけども、「オブジェクト指向とは可読性をあげるものである」というお話。「抽象化で可読性をあげる」、「抽象化とはオブジェクトに適切な命名を行うこと」、「毎回中身を見ないとイケないなら抽象化に失敗してる!」、「関数切りだしも抽象化の一種」、「オブジェクト指向とフレームワーク指向は別物だ」、「お昼寝スペース(利用推奨)」……と、スライド中のキーワードを抜き出してみたけれど、どれも心に残る名言だと思う。

もう一度「オブジェクト指向」とはなんぞや、「フレームワーク」とはなんぞやという点について、振り返ってみるのもいいかもしれないなぁ……なんて思いましたです。あと、お昼寝したいです。

気になるツイートはこれだ!


Twitterに流れてた「#phpstudy」タグから、個人的に気になったツイートを貼っておこう。後で見るために!





















































































































最後に宣伝!


そして最後にボクの宣伝でこのエントリを締め括ろう!(使い回し)



いや、マジでちょっと興味ある人はボク宛に何らかの方法で連絡ください。すげぇ勢いで歓迎します。


*1:飲食物の費用なので、正確には参加費ではないとおもうんだけども
*2:開発環境とかエディタの違いとか
*3:ボクは回し者じゃないけどスライドにでてたからさ(`・ω・´)b
*4:前回のあらすじから入っていただけたので、前回を見逃した方でも安心なLTでした
*5:ちょっとしたOCRっぽい感じ

0 件のコメント:

コメントを投稿