2014年4月14日月曜日

Mac OS X MavericksにHomebrewで日本語ファイル名をいい感じにアレできるSubversionをインストールする

Mac OS X MavericksのSVNは日本語ファイルが苦手


Mac OS XにはSubversionクライアントがデフォルトで入ってるけど、こいつが結構クセモノらしく。日本語のファイル名がうまく扱えないんだそうな。

そこら辺の理由を説明しているサイトはいくつか見つかる(*1)んだけど、ボクが知りたいのは「なぜ日本語のファイル名だとダメなのか」ではなく、「どうすれば日本語のファイル名でも大丈夫なようになるのか」って話なんですわ。

まあ、ググってみると

$ brew install subversion --unicode-path

でOK!……的なネタを見かけたので試してみたのです。が、結論から言えばこれはダメでした。

Subversion 1.8系ではパッチ適用できないっぽい?


先のコマンドでインストールされるSubversionは1.8系で、「--unicode-path」オプションは使えないらしいんですね。じゃあ、どうするのっていうと、1.7系をインストールしてみればOKっぽい、と。

用意されているブツを調べてみると……

$ brew search subversion
subversion     subversion16   subversion17

ふむ、「subversion17」でいけるのか……。

じゃあ、インストールしてみますかということで

$ brew install subversion17 --unicode-path

とやってみるわけです。

しばらく時間がかかるようだけど、スムーズに終了。場合によっては「make」って表示されたところで20分以上止まったままになってしまう場合もあるらしいので、その時は一度「Ctrl+C」でストップして、もう一度インストールコマンドを叩けば良いっぽい……?(*2)

この後に既存のチェックアウトしたブツを扱いたければ、「svn upgrade」(*3)を忘れずに実行すること。忘れててもsvnで何かしようとしたときにメッセージが表示されるんだけどね。

ついでにcolorsvnも入れてみた


なんか、「colorsvn」ってのがあったので入れてみました。中身はただのPerlスクリプトらしいんだけど、svnコマンドの出力を色分けして表示してくれるようになって結構便利。svnを使うなら是非入れておきたい一品ですね。

下記のコマンドでOK。

$ brew install colorsvn

で、これだけだと使いにくいので、「~/.bash_profile」とかに

alias svn='/usr/local/bin/colorsvn'

ってエイリアスの定義をし、「svn」で「colorsvn」が呼ばれるようにしてやればいい感じ。「.bash_profile」を書き換えた後は、sourceとかで読み込ませるのをお忘れなく。

以前からこのネタで悩んでる人多いのね


もうちょっと調べただけでどうすれば良い的な話がネット上でゴロゴロ見つかるので、結構このネタで悩んでる人が一杯いるんだなぁとおもったり。

あ、そうそう。一度1.8にしちゃって「svn upgrade」でリポジトリのアップグレードをしちゃった場合は、1.7系をインストールした後にリポジトリを再度チェックアウトし直さないとダメみたいね。何か良い方法があるのかもしれないけど、これが一番確実っぽいかな。

ただ、ネット上で見つけた方法だと、「Fomulaを書き換えなきゃ……」とか結構メンドクサイ手順だったのに、今試してみた限りだとコマンド一発でいけるので、そのあたりはだいぶ楽になってるのかなぁと。何か気づいてないところでミスってるのかもしれないけど。


*1:なんか文字コードの取り扱いがどうのこうのって話みたいだけど……
*2:ボクの場合はこの手順で大丈夫そうだけど
*3:メタデータの更新をやるコマンドなんだってさ

0 件のコメント:

コメントを投稿