2014年3月15日土曜日

Mac OS X用のテキストエディタ「mi」で正規表現を使って改行する方法

Mac OS Xでエディタを使うならどれがいい?


普段Windowsに使い慣れている人は、エディタとして秀丸とかサクラエディタとかを使ってる人が多い(*1)んじゃないかなー……なんて漠然と思うわけですが。当たらずとも遠からずじゃないかなと。

で、そういう人がMacを使い始めた時、高機能で使いやすいエディタを使おうとしたらどれがいいのかなー……と悩むことはもう必然なわけで。調べてみても沢山出てきて悩みますわな。ひとつひとつ試してみてもいいけど、そんな使用感を把握するレベルまで使ってたら日が暮れてしまうし。

で、まあ、結局はなんとなく評判のよさそうなエディタを選んでそれを使い続けることになるわけで。

ボクの場合は、ずっと「mi」ってエディタを使ってます。元々Winで秀丸ユーザだったので、それに近い操作感でいけそうなエディタってことで。


まあ、100%満足している訳じゃないけど、そこそこいい感じなので愛用してます。個人的にはこれがオススメ。

正規表現で置換したい!


さて、ボクがエディタを使って良くやることとして、「正規表現を使った置換」ってのがある。たぶん一番良くやる作業じゃないかなと。その正規表現を使った置換のなかでも、特定の文字の後で改行するってのは良くやる。

例えば、「>」の後で改行したいなんて時に、検索文字列に「>」を指定して置換文字列に「>¥n」としてみたり。これが結構便利で、できるのとできないのとでは作業効率が段違いだったりするんですわ。

あれmiではできない……!?


まあ、そんなこんなでmiでもそんな作業をやろうとしたんですが、これができなかったんです。「あれ〜?なんでだろう?」とおもって調べてみたら、「謎は解けたよワトソン君!」(*2)。

単純な話で「¥n」じゃなくて「¥r」なんですね。へぇ。miのマニュアルに書いてました。RTMって大事だね!


あと、「正規表現検索」にチェックを入れておかないとダメみたい。ともかく、下記のようにすればお望みの結果が得られることが分かったので覚えておこう。



*1:Wine使って秀丸動かせとかemacsとかvim(vi)とか言っちゃう人もいると思う
*2:ケータイ刑事シリーズを参照のこと

0 件のコメント:

コメントを投稿