2013年12月17日火曜日

ドコモメールがWebブラウザから使えるようになったのでドコモ電話帳を有効にしてみる

ドコモメールがWebブラウザとかIMAP4とかでも使えるようになったぞ!」というエントリでも書きましたが、ドコモメール……すなわち「〜@docomo.ne.jp」のメールアドレスからの送受信をWebブラウザやIMAP4対応のメールソフトから行うことができるようになりました。

さて、これ自体はさておき、単に送れるようになったよ!……といわれても困ってしまうことがひとつ……。それは、電話帳。さすがにメールアドレスとかをいちいち全部覚えていて手打ちしているよ!……なんて人は少ないですよね!(*1)

で、そんな人にぴったりなサービスをドコモが提供していたりします。それが「ドコモ電話帳」。ドコモのクラウドサービスのひとつというか一部というか、まあそういったものなのですが、スマートフォンの電話帳をクラウド(要はドコモのサーバ)に保存してくれるという代物。

これ、例えば機種変とか紛失/盗難時とかに便利だったんですが、ドコモメールがWebブラウザから使えるようになったことにより、ちょっとだけ重要度が増したと思うんです。なぜかっていうと、この「ドコモ電話帳」もブラウザ版が提供されていて、ブラウザ版ドコモメールと一緒に使うと便利だからなのです(たぶん)。


で、その設定方法なんですが、まずはプリインストールされている(?)であろう、「ドコモ電話帳」のアプリを起動します。下記の画像中、赤枠で囲ってるアイコンですね。……あ、Wi-Fi接続やテザリングはOffにしてやってくださいね!


アプリを起動すると、クラウドについての簡単な説明が表示されます。下にスクロールしていくと……


クラウドサービスを使用するかどうかの確認ボタンが出てくるので、「利用する」を押します。


すると注意事項がずらずらと出てくるので、しっかり読みます。読んだら、「承諾して進む」を押します。


spモードパスワードの入力を求められるので、入力します。入力したら「入力完了」を押します。


ちゃんと入力できると、「クラウドをONにしました」というダイアログが表示されます。「OK」を押します。


クラウドの同期がスタートします。通知バーには同期中である旨のメッセージが表示されてますね。「OK」を押します。


フレンド通知機能なるものの説明が表示されます。同期が終わる(*2)と通知とかができるようになるみたいですね。「OK」を押します。


ドコモ電話帳のメイン画面が表示されます。この時点でクラウドの利用自体はできているのですが、Webブラウザから使うためにdocomo ID利用設定もしてしまいましょう。

右上の「・」が3つ並んでる奴を押してメニューを表示させます。メニューが表示されたら「クラウドメニュー」を押します。


「ドコモ電話帳のdocomo ID利用設定」を押します。


spモードパスワードの入力するよう言われるので、入力して「決定」を押します。


「利用する」を選択して、「決定」を押します。


これで利用設定完了です!


これで先のWebブラウザ版ドコモ電話帳にdocomo IDとパスワードでログインできるようになりました。この時点でWi-Fi接続やテザリングはOnにして大丈夫です(*3)。

Webブラウザ版ドコモメールを使ってない人でも、パソコンで電話帳の編集ができるようになるので、とりあえずこちらだけ設定しておくというのアリだと思います。あと、海外などパケット定額の範囲外なエリアに行ったり使い方をするような人は、勝手に通信する場合もあるかと思うので、要注意。事前にドコモに問い合わせておくことをオススメします。

ちなみに、私みたいに電話帳はGMailを使って同期とかしてるよ!……って人は、この設定は無意味です。素直にGMailとGMailの連絡先機能を使いましょう(*4)。


*1:いないとは言わない
*2:この画面の通知バーには同期が終了した際のメッセージが表示されている
*3:Wi-Fi利用設定がされていないと同期に不都合が生じるので注意
*4:iOSデバイス等でも連絡先情報を参照したい場合なんかはGMailに寄せた方が楽な印象

0 件のコメント:

コメントを投稿