2013年10月26日土曜日

助けてっ!MacのWi-Fi接続が頻繁に切断されちゃうのっ!

Macを使い始めてから密かに悩んでたことがありまして……。実は「Wi-Fi接続が頻繁に切れたり繋がったりする」って現象なんですが、いろいろ調べていると同じような現象で悩んでる人が結構居るみたいですね。Mountain Lionのころからなんですが、Marvericksになった今でも継続して発生しています。これは困った。

Appleのサイトにも公式のトラブルシューティング方法の解説がありますし、(まあ、さすがにMarvericksの話はまだ出回ってないですが)ネットでいろいろな情報を探せばすぐに「こうすればいいよ!」的なネタが見つかります。インターネットって最高ですね!





で、これらで紹介されている解決法を大まかにまとめると……
  • ワイヤレス診断アシスタントをつかって調べろ!
  • Wi−Fi接続の設定が存在しており有効になっているか確認しろ!
  • Wi-Fiルータ/アクセスポイントが存在しており適切に動作しているか確認しろ!
  • チャンネルを変えてみろ!
  • BluetoothをOffにしてみろ!
  • Wi-Fi接続を作り直してみろ!
  • IPv6をOffにしてみろ!
  • MTUを調整してみろ!
  • Wi-Fiルータ/アクセスポイントを買い換えてみろ!
  • それでもだめならApple Careに泣きつけ!ダメならあきらめろ!
的な話になるかと思いますが、なにかWi-Fiの安定を得る代わりに別な物を失っていたりするような気が……。まあ、でも物は試しでやってみたんですよ。私も。さすがにWi-Fiルータ/アクセスポイントの買い換えはできませんでしたが。

でもね。だめだったの(つ_T)。相変わらずぶつぶつ切れるの。

切れているときにネットワーク診断ツールを実行すると、下記赤枠部の「ISP」、「インターネット」、「サーバ」のところが赤くなっていて、しばらくすると全部緑色になる……ってのが数十分おきくらいに繰り返して嫌になっちゃうの(´・ω・`)状態だったわけですが……。


ふと、「あれ?もしかしてアイツかな?」ってのを閃いて、それを解消したら安定するようになったんです。

その「アイツ」とはなにか。それは「マルチSSID」機能。

うん、そういえば自宅のWi-Fiはこの機能を使ってWPA2-PSKな11nのネットワークとWPA2-PSKな11gの電波を飛ばしてたんだ……。他のWi−Fiルータ/アクセスポイントしか気にしてなかったので、そういえば試してないな……と。

で、「どうせあんまり使ってないし……」ということで、早速11gの方を止めてみたところ……。無事ネットワークが繋がるようになりました。ただ繋がるだけじゃなくて安定度も格段によくなりました。動画の再生とかも安定してるし!

ってことで、もし「いろいろ調べたけどイマイチ原因が分からない_ノ乙(、ン、)_ 」的なお悩みを抱えている方がいたら、マルチSSIDあたりを疑ってみるのもいいかもしれませんよ……ってことで。



2013年10月28日追記:
マルチSSID無効化で安定……って件については、私の自宅で使ってる無線LANのアクセスポイントや周辺に飛び交ってる無線LANを含めた電波との相性問題(電波干渉的なやつ)っぽいので、すべての環境で有益とは限らないです。

あ、あと、2.4GHz帯の製品を使ってる場合は5GHz帯の製品に変更すると安定する的な話もよく聞くので、そういったのも試せるなら試してみるといいかも。

2 件のコメント:

  1. こんにちは、私もMacがネットに繋がらず困っていました。このブログのお陰で、原因をPC本体からルーターへと向かせて頂きました。私の場合は倍速モードをOFFにすることで解決出来ました。本当に助かりました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      何らかの形でお役に立てたのなら良かったです!

      削除