2013年10月16日水曜日

MacBook Air(11-inch,mid 2013)がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

いやっほーい!(*゜∀゜*) プライベートで初めてのMacをゲットしました!MBAですよ!MBA!経営管理学修士ぢゃありませんよ!MacBook Airですよ!


いやー、ずっと欲しかったんですけどね~。仕事では少しだけ触ったことがあるものの、プライベートではなかなか手にする機会が無かったんですが、ついにゲットできました。……といっても自分で買ったわけじゃなくて、貰ったんですよ。

2013年9月11日の10:00から2013年9月30日の18:00まで開催された、「ITmedia Virtual EXPO 2013」というインターネット上で開催されたバーチャル展示会があったんですけども、その企画のひとつであるポイントラリーの景品だったのがこのMBA。そう、当選したんです。当たると思ってなかったので当選したとの連絡を受けたときは、もうテンション上がりまくりんぐでした。


で、ずっと首を長ーくして待っていたわけですが、「10年に1度の勢力」と言われる台風26号が日本列島を駆け巡っていった今日という日に私の手元に到着したのであります!(≧д≦)ゝ


さてさて、早速開封……とその前に、箱をあちらこちらから眺めてみることに。まずは正面。シンプルですな。


続いて横の長辺部分。「MacBook Air」の文字が「(キリッ」って感じで書いてあるんですね。へぇ。


んでもって、横の短辺部分。世界一有名な林檎マークですか。そうですか。


んで、最後に裏面。スペックなんかが書いてあるんですな。うひょっ!(^▽^)



ってことで、開封の議を執り行います。目に飛び込んでくるのはMacBook Air大明神。お手々のシワとシワを合わせてなーむーした後、手前に引っ張り出すためのつまみが出てるんで、それを引っ張りますと……。


付属品がいろいろ詰まってますな。奥にあるのがACアダプタですねー。手前にあるのはなにかなー……っと取り出してみますと……。


こんなのが入ってましたとさ。少ないですね~。ちなみにこの林檎シールって何に使えばいいんでしょうか。おでこにでも貼っとけばいいんですかね?


「箱の中身はなんだろな?」タイムはこの辺にして、MBA本体に巻き付いているビニールを取り外すことに。裏返すと何か書いてあります。その何か書いてある紙の端っこにタブが付いてるんでそれを引っ張って本体を取り出します……。


取り出したらふたを開ける&中に挟まってる保護シートを取り出すと起動準備完了!


キーボード右上にある電源ボタンを長押しすると……、キター!林檎マークキター!


しばらく待つと「ようこそ」画面というか、そんなのが出てきました。絵に描いたような日本人な私は、「主に日本語を使用する」を選択して「続ける」ボタンをクリックしたわけですが、あえて英語で使うのもありカモ……。いや、ないな。


なんか世界地図が表示されましたが、日本以外のなにものでもなさげなのでそのまま「続ける」ボタンをクリック。


キーボード入力環境の設定だそうですが、特にこだわりは無いのでそのまま「続ける」ボタンをクリック。


で、Wi-Fiネットワークの設定ですね。幸いなことに11nな無線LAN環境が家の中に構築されているので、それを探して、選択してクリック、必要情報を入力して接続できたことを確認したら、「続ける」ボタンをクリック。


他のコンピュータから情報を持ってくることが出来るそうですが、そんなのいらないので「続ける」ボタンをクリック。


位置情報サービスの設定……。ふむ……、そのまま「続ける」ボタンをクリック……かなぁ……。まあ、必要なら後で変えられるだろうし。


Apple IDの入力ですね。私はすでにApple IDを持ってるのでそれを入力して「続ける」ボタンをクリック。ここで新規に作成することも出来るっぽいですね。


利用規約が出てきました!よく読んで「同意する」ボタンをクリック。ダイアログが出てくるので、こちらも「同意する」ボタンをポチッとな。



iCloudもせっかくなんで使いましょうか。チェックボックスにチェックを付けて「続ける」ボタンをクリック。またまたダイアログが出てくるので、「同意する」ボタンをポチッとする。



メッセージ送受信の設定が出てきたので、チェックを付けて「続ける」ボタンをクリックしまふ。


いざというときのためにiCloudを使ってMacを探せるようにしたいので、チェックボックスにチェックが入っていることを確認して「続ける」ボタンをクリック。ダイアログが出てくるので、「許可」ボタンをクリック。



このコンピュータのアカウントを作成……っと、好きなように入力して「続ける」ボタンをポチッとするなう。


タイムゾーンの設定というわけで、「現在の位置情報に基づいて、時間帯を自動的に設定」にチェックを付けた後、「続ける」ボタンをクリック。


最後に製品を登録するかを聞かれるので、「続ける」ボタンをクリック。


お礼を言われるので、「いやいや、礼には及ばんよ(キリッ」とした後、「続ける」ボタンをクリック。


と、これで初期セットアップしゅーりょー!やったね!


さて、これで無事にMBAを使うことが出来るようになったので、いろいろいぢってみよーっと。……とはいえ、Macの事は何も知らないので、先にいろいろ調べてからかな……。

0 件のコメント:

コメントを投稿