2013年10月18日金曜日

社内ニートで給料泥棒な事に定評のあるボッチのボクがMacBook Air(11-inch, 2013)を使い始めて1日目でインストールしたアプリ

昨日アップした「MacBook Air(11-inch,mid 2013)がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」というエントリを読んでいただければおわかりいただけるかとおもいますが、念願のMacBook Airをゲットしてテンションが上がっている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

いろいろ使ってきているのですが、キーボード以外(Mac独特のキーに慣れないんじゃなくて、「1」キーのでかさに慣れない……)はだいぶ慣れてきましたね。普段やってること的にはMac系の方が性に合ってるんじゃないかと思うくらいです。

さて、そんなボクもさすがに標準アプリだけで使ってるわけではなくて、あちこちからゲットしたアプリをインストールして自分好みに育てているわけですが……。後々のためにまとめておこうかな〜……なんて思いましてね。ええ。



Dockに入れているアプリ


というわけで、まずはDockに入れているアプリを晒しておきましょうか。個人的によく使いそうだなと思ったアプリはここに入れてる感じなので、別途ランチャー系アプリを入れたりはしてないです。入れたら便利なんでしょうけど、Dockで事足りてるのであまり必要性を感じてなかったり……。

iTerm2



個人的になくてはならないアプリNo.1のターミナル系ソフト。元々Mac OS Xにも「ターミナル」ってのが入ってるのは知ってますし、それでもそんなに不自由はしてなかったんですけど、いろいろカスタマイズがしやすそうだったのでこちらを使ってみることに。

余談ですけど、Mac OS Xにもscreenコマンドってデフォルトで入ってるんですね。

Cyberduck



サーバへのファイル転送に使うソフトとして採用。SFTPに対応していて、公開鍵認証にも対応しているソフトって事で見つけたのがこれ。他にもFTPはもちろん、WebDAVとかクラウドなストレージとかにも対応してるのでこれさえ入れておけばOKな感じが気に入ってます。使い勝手も結構よさげだし。

まあ、sftpコマンドとかで転送するのもいいんですけどね……。一応GUIなツールも入れておいた方がいいかなーって……。

Google Chrome



私にとってのメインブラウザであるGoogle Chrome。真っ先にインストールしましたよ。個人的にはWindowsなPCやiPad2、Androidなスマートフォンなど、所有している全てにChromeを入れて常用しているのですが、ブックマークなどを同期してくれたり、他デバイスで開いているページを開いたりとか、そういった機能が便利で手放せません!

Thunderbird



もう知らない人はいないんじゃないかってくらい定番となったメールソフトですね。Windows PCとかではJustsystemsのShurikenを愛用してるのですが、残念ながらMac版はリリースされてないので代わりにこちらを使ってます。

といってもGMailはブラウザベースで使ってるので、自宅サーバで運用している自ドメインのメールアカウント用ですね。基本はメインのPCで全部処理するので読めればいいや的な使い方ですが、気が向いたらもうちょっとちゃんと使うかも……。

Janetter for Mac



Twitterクライアントとして使用しているのがこのJanetter。元々PCで使ってたので、同じ操作感で使いたいなー……ってことで。他にもメジャーどころのTwitterクライアントはあるようですが、やっぱり使い慣れてるのはいいよね!こいつももう手放せないアプリだなぁ……。

GIMP for Mac OS X



Photoshopが買えない貧乏人にとっての必需品。……まあ、仮に買えたとしても使いこなせないんですけどね……。ちょっとした画像編集とかブログ用の画像とか編集するのにも使ったりします。もうちょっと軽いアプリとかもあるんでしょうけど、探すのメンドイし使い慣れてるし……ってことで、結局これを使ってる感じですね。

ブログに載せる……って意味だと、kwoutを使うことの方が多いのと、ある程度スペックがあれば多少重くても気にならないからGIMPだけでいいんだもん(`・ω・´)b

LibreOffice



Microsoft Officeが買えない(ry ってことで、いろいろオフィススイートは出てるかと思うんですけど、その中からいろいろ調べてみて一番よさげそうに思えたこいつをチョイスしました。特にMS Office系を編集したりするニーズってのはない(というか、その場合は素直にWindows PCを使う)ので、何か必要になったとき使えるソフトが入ってればいいやくらいのお気持ち。何となくSSDの肥やしになりそうな気がする……。

mi



秀丸をMacでも使いたいYo!……っておもったけどリリースされてなかったので代わりのエディタを探したところ、コイツがよさげだということでとりあえずインストールしてみた次第。まだそんなに使ってないけど、かなりカスタマイズが出来そうなのでたぶんこのまま使い続けるんじゃないかなと。

GitHub for Mac



趣味でやってるFLOSSプロジェクト「Risoluto」の開発で使うのでインストールしました。まあ、git系のコマンドをコンソールから叩けばいいじゃんって話もあるんだけど、やっぱりGUIでゴニョゴニョ出来る物が入ってた方が安心感があるよね!……ってことですよ。

Ez7z



プライベートで7-zipなアーカイブを多用しているのでMacでも使いたいなーってことで、7-zipの公式サイトからリンクされていたコイツを入れてみました。まあ、フツーに使えればいいや的なノリだったので、他にいいソフトがないかは調べてなかったり。。。他によさそうなのがあればそっちに乗り換えるかもなぁ……。

Remote Desktop Connection Client



MS Officeのパッケージを買うとバンドルされてるらしいんですが、コイツ単体で無料ダウンロードできます。要はMacからリモートデスクトップでWindows PCに繋げるソフトなんですが、「注意: Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac (バージョン 2.1.1) は、Mac OS X v10.7 (Lion) 以降で使用されることを想定していません。」なんて文言が書いてあったりしたので、使えねぇかなぁ……と思いながらダメ元でインストールしてみました。

一応、Mountain Lionでも動くようで、同一LAN内のWindows 7 ProfessionalなPCにつないでゴニョゴニョすることは出来ました。今後Mac OSがバージョンアップしたら動かなくなるかもしれませんが、まあそこまで必要なソフトでもないし、必要ならVNCとか使えばいっかー的に考えている感じです。

(2013/10/20 追記)

Mac App Storeを覗いていたら、「Microsoft Remote Desktop」ってのがありました。こっちの方がいいかもなぁ……。


VLC



オープンソースのメディアプレイヤーですね。まあ、Macでムービー系見る機会がどれだけあるかは分からないんですけど、たぶんガンガン使っていくうちにいろいろやりたくなるだろうから……ってことで、一応入れてある感じです。Windows PCにも入れてはいるんですけど、あんまり使う機会ないなぁ……。

常駐系アプリ


お次は日本語変換ソフトとかメニューバーに常駐させておいてるやつとかを晒してみます。まあ、なんていうか、とりあえず入れて見ました感が否めないんですが……。

あ、そうそう。クリップボード管理系ソフトは便利なのは分かるんですけど、パスワード系をコピペする機会が結構あったりするので、安全のためにその手のソフトはあえて入れてません。便利なのは分かってるんです。でも使う人間がアレなのでリスクを最小限にしておきたいのです。出来てるかは分かりませんが。

Sophos Anti-Virus for Mac



個人使用なら無料で使えるウイルス対策ソフト。単に無料ってだけなら他にもあるっぽいので、場合によっては他のソフトに乗り換えるかもだけど、まあ定番らしいんで入れてみました。ちょっと年がら年中ウイルスなりなんなりを検知するような環境で使ってないのと、このあたりは専門じゃないので評価コメントとかは出来ないんですが……。

ATOK Passport



月額300円からで最新版のATOKを使うことが出来るサービス、ATOK Passport。以前からATOKを愛用していて、Windows PCとAndroidで使ってるので当然の如くMacにも導入しました。やっぱり日頃一番よく使うソフトだと思うので、使い慣れた物だとストレスが少なくていいですね。変換状況やら単語登録やらも全環境で同期してくれるので、「あのPCだとこれで変換できるのに……」的なことが無いのがいいです。

ATOK Pad for Mac



ちょっとしたメモを取る時用にインストール。Evernoteと連携したり、Twitterにポストしたりすることができます。Evernoteに直接書いたりテキストエディタで書くのもいいのですけど、Optionキー2回押しですぐにメモれるようになる気軽さが便利で愛用しています。

MiniUsage



メニューバーに常駐して、CPUの利用率、ネットワーク送受信量、バッテリ残量とCPU利用率の高いプロセス名を表示する事が出来るアプリ。個人的にはCPUの利用率だけを表示させています。私はサイトの方からダウンロードしましたが、Mac App Storeからもダウンロードできるようです(ただし、ドキュメントによるとプロセスの強制終了機能は使えない模様)。

Degrees



お天気と気温を表示してくれる奴です。シンプルですが、シンプルであるが故に便利ですね。あまりにシンプルすぎてこれ以上コメントすることがないです(`・ω・´)

SimpleCap



スクリーンショットを撮るためのシンプルなアプリ。キャプチャの方法もいくつか選べるし、キャプチャしたものを画像ファイルにするだけでなくクリップボードに送ったりすることも出来ます。あと、キャプチャしたときにデスクトップアイコンや背景画像を含めないようにしたり、結構痒いところに手が届くのが魅力的。

Regner



メニューバーに常駐する電卓。単純な四則演算くらいしかできないっぽいけど、それ以上の機能は普段必要としないので全然気にならない。常に最前面に出てきてくれるので、地味に便利。

CheatSheet



commandキーを押しっぱなしにすると、使ってるアプリのショートカットキー情報が表示されるアプリ。どの記号がどのキーなのかを覚え切れていないのでまだ使いこなせる……ってレベルではないですが、それでも便利ですね。入れておくとちょっと安心。たまにうざいけど(^^ゞ

XtraFInder



Finderを拡張することが出来るアプリですね。使い始めた場会であるせいか、今のところ標準でも大して不自由は感じてないのですが、とりあえず入れとくと便利らしいので入れてみました。

その他にインストールしたアプリ


とりあえず入れて見ました系が多い気がするこのカテゴリ。まあ、とりあえず列挙しますね。

Dropbox



言わずと知れたクラウドなファイル共有サービス。無料版だと2GBのスペースを使えますね。複数のデバイスを持っている人ほど便利に使えるはず。

あ、そうそう。これからDropboxを使い始めようという方は、こちらのリンクをクリックして登録すると、貴方と私の両方がボーナス容量を500MBゲットすることが出来てお得ですよ!

SugarSync



こちらもクラウドなファイル共有サービスですが、Dropboxが特定のディレクトリ(フォルダ)のみが同期対象となるのに対し、こちらは任意のディレクトリ(フォルダ)を対象とすることが出来るのが大きな特徴。無料版は5GBのスペースを使うことが出来ます(が、無料版への登録リンクが分かりにくいところにある罠)。

あ、そうそう。これからSugarSyncを使い始めようという方は、こちらのリンクをクリックして登録すると、貴方と私の両方がボーナス容量を500MBゲットすることが出来てお得ですよ!ちなみに有料プランだと9.5GBゲットすることができます。

Evernote



こちらはクラウドなメモサービス。単純なメモだけじゃなくて、Webページをクリップしたりすることも出来るので、結構便利ですね。個人的には気になったWebページなんかを片っ端からコイツに放り込んで、後で参照したりする使い方が多いかな〜。

Xcode



MacやiOSなアプリを開発するために必要不可欠なツールですね。……とはいえ、別にアプリの開発したかったから入れたわけじゃなくて、後述のMacPortsを使いたかったので入れたんです。必要らしいので。

MacPorts



Mac OS Xで使用可能なパッケージ管理ソフト。debianでいうところのapt-get、Redhat系でいうところのyum、PerlでいうところのCPAN、PHPでいうところのpear/pecl、Rubyでいうところのgem……って感じでしょうか。UNIX/Linuxで広く使われているようなFLOSSプロダクトをインストールするのに便利ですね。

Steam



オンラインでゲームを購入して遊んだり、フレンドとコミュニケーションを取ったり出来る総合プラットフォーム。Windows版でいくつかゲームを買っていたので、Macでも出来る奴あるかなー……と思ったらありませんでしたorz たぶん、このままSSDの肥やしになるか、アンインストールされるかのどちらかになる予定。Macで動くゲームを買うまでは……。

Origin



こちらもオンラインでゲームを買って遊んだりすることが出来る総合プラットホームですね。EAがやってるやつです。こっちの方はSIMCITYがWin版とMac版の両方がリリースされているので、ボクにも使い道がありました。ちなみにSIMCITYのMac版をプレイしてみたのですが、画像とかの設定を最低にすれば快適に遊べるレベルでした。……うん、SSDの肥やしかアンインストールするかのどっちかかな……。

Skype



言わずと知れた無料のコミュニケーションソフトウェア!ビデオ/音声通話とテキストによるチャットが楽しめるのは皆さんご存じの通り。OK、インストールしたのはいいんだけど相手がいねぇんだ。ぼっちだからな!HaHaHa!

Magican



システム最適化ユーティリティー。不要なファイルなんかをスキャンしてクリーンアップしてくれたりする。常駐させて使うことも出来るみたいだけど、私は必要なときだけ明示的に起動して使うようにしている。なんとなく。

Monolingual



不要な言語やアーキテクチャを綺麗さっぱり消し去ってくれるユーティリティ。これらはユーザ側から見るとただディスクの容量を消費するだけで使わない物なので、じゃあ消しちゃいましょう!……ってのがコイツで出来ること。

OnyX



Mac OS Xのメンテナンスをしたりカスタマイズをしたりすることが出来るユーティリティ。結構メジャーらしいですね。SSDだとできないけどS.M.A.R.T情報を検証したり、起動ボリュームをチェックしたり、普通だと設定できない機能をOn/Offしたりと、いろいろ出来ます。個人的にはDashboardがいらない……というか邪魔に感じたので無効化するなどのカスタマイズをコイツでやってます。

バージョンアップが頻繁なのかは分かりませんけど、ネット上で使い方について解説されているサイトの画面と異なる部分が結構あるみたいなので、実際に使うときは読み替えが必要かなぁと思います。はい。

AppCleaner



アプリをアンインストールするときに綺麗さっぱり消してくれるソフト。環境作るまでにいろいろインストールしてみたのですが、アンインストーラというものがない場合が多く(アンインストール時は*.appを消せという指示のものがおおい?)、ゴミファイルなんかが残りがち……だそうなのですが、こいつを使うとそういったのを残さずにアンインストールすることが出来るそうです。

StartNinja



Macを起動するときの音を消してくれるアプリ。普段はスリープさせて使う事が多いでしょうから、そう頻繁に起動することは無いと思うのですが、一応消しておきました。起動音だけはうっかり鳴らしてしまいそうだし。

TextRecorder



入力したテキストをそのまま読み上げさせてたり、その音声をAiffファイルに保存したりすることが出来るアプリだそうです。何もやってないと英語しか喋ってくれませんが、Kyokoさんを召喚するといかにもな日本語で喋ってくれます。まあ、お遊び用ですが、場合によっては趣味でやってるDTMで活用できるかなーとか思ったり思わなかったり。

召喚の仕方については「モヤさま2のようなナレーションを作成できる「TextRecorder」。入力したテキストを読み上げてAIFFで保存できます。 - MacWin Ver.0.7」あたりを参考にすると良いかと。

パスワードマネージャー



この手の製品だと1Passwordが有名だと思いますが、私は今のところトレンドマイクロ社の製品を使ってます。何かこだわりがあってそうしてる……って訳ではないのですが、最初に評価用に使ってそのままずるずると……って感じですね。

今度1Passwordが安くなってたら乗り換える……かなぁ……。



基本的にネットでよさげなアプリを探して、使ってみて、肌に合えば残す/合わなければアンインストール……という作業を行った結果、これらが残ることになりました。まあ、今後今はいってるアプリを消したり、逆に別なアプリをインストールしたりすることはあるでしょうけど、現時点ではこれがベストな構成かなぁと思っています。

「え?なんでこのアプリ入れてないの?」とか「このアプリ使うくらいならこっちのアプリ使った方が便利だろ」的なのがあれば教えて欲しいなーって('-'*)

0 件のコメント:

コメントを投稿